遊休地を売りたい・買いたいなど土地の有効活用をお考えなら遊休地.com
所有地を売りたい方・貸したい方

長い間、土地や休耕田、農地、市街化調整区域の土地活用でお困りではありませんか。 遊休地.comではいただいた土地情報に基づき、登録情報を永続的に公開させていただくため、数年がかりで借り手をお探しの方にとっても最適なサービスです。 空き地スペースの有効活用をお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

土地を貸したい

遊休地.comは全国に向けて土地情報を公開するWEBサービスです。「利用目的がなく困っている。」「借り手の募集を全国規模で行いたい。」という方は、ぜひご登録ください。 土地情報シートにご記入いただくだけで、登録はとてもカンタン。登録料や年会費なども一切無料でご利用いただけます。

お問い合わせ

こんなときはご相談ください

  • 空き地、農地、市街化調整区域での土地活用を考えている
  • 土地を相続したけど、いまひとつ活用方法が見当たらない
  • 人気の少ない土地なので、まったく利用価値がない
  • 他府県へ引っ越しする予定がある
  • 空いている土地を活用して、少しでも収益化したい

ご登録いただいている主な地目

山林

山林

山林とは要するに山のことで、数メートルの木々が何本も立っているような土地のことです。 そのまま利用することはなかなか難しいので、木を伐採して宅地に地目変更するケースはよく見られます。 土地がかなり広大であることが多いので、それなりに広いスペースを要する事業に適しています。

原野

原野

耕作の方法をとらないで雑草やかん木類の生育する土地のこと。 農地としても利用したいところが、地質などの原因で作物に適さず、原っぱとして残しているものが原野にあたります。 原野の多くは市街地から離れた場所にあり、駐車場経営などありきたりな事業にはあまり適していません。

雑種地

雑種地

雑種地は「いずれの地目にも該当しない土地」と定義されています。 具体的には、ゴルフ場や自動車教習所、遊園地など。しかし、雑種地の多くは宅地並み課税となっているため、 更地で所有している場合、固定資産税が大きな負担となります。

田

要するに田んぼのことで、水をひきやすいように通常の土地よりも低い高さにあることがほとんどです。 そのため、農地転用する際は盛土を行います。田は平坦であるためにあらゆる用途に利用しやすい一方、 他の地目と比べて制約も多く、造成によるコスト負担も大きいことが特徴です。

畑

田が水を引くように設計されている一方、畑は基本的に用水を使用しないで耕作する土地とされています。 そこで製造される野菜や果物に対しては特に制限はありません。 畑についても農耕以外で使用する場合は農地転用が必要で、他の地目と比べても利用用途に制約があります。

宅地

宅地

宅地とは「建物の敷地及びその維持若しくは効用を果たすために必要な土地」と定義されています。 要するに、家屋や住居を建てるための敷地で、その他の利用目的でも問題なく、広範な利用が可能となっています。

市街化調整区域とは

市街化を抑制し、自然環境を守る区域として、開発や建築が制限されている区域のこと。 市街化調整区域に該当する土地では、基本的に新たな開発や建築行為が制限されます。 もちろん、立地基準の適合範囲内であれば開発や建築行為は可能ですが、制約が多いため、限られた範囲での土地活用となります。

市街化調整区域を利用した主な事業展開には、沿道サービスがあります。 沿道サービスは「道路の円滑な交通を確保するために適切な位置に設けられる道路管理施設、休憩所又は給油所等である建築物」と定義されています。 沿道サービスの主な例として、ガソリンスタンド、コンビニ、ドライブインレストランなどが挙げられます。

遊休地を地目から探す